うつ病の治療には数ヶ月~数年と、長い時間精神疾患と向き合う必要が

あり、症状が重く休養と服薬がメインとなる急性期や、症状が和らいだり

強く表れたりする回復期など、治療の進行が期間で区分けされて

考えられることもあります。

うつ病治療で回復期の間というのは、日によって調子が良く

普通の人と変わらない活動量で日中を過ごすことができる日も

見られることがあり、急性期の症状から考えてみれば

うつ病が治ったのではないかと感じられることもあり得ます、

しかし、急性期のように症状が重くなることもあり、症状の程度が

不安定な時期でもあるため、うつ病の人は「治った」「治ってない」と

一喜一憂してしまうこともあります。

「やっぱり治ってないんだ」と気分が落ち込みストレスを抱えてしまう

事からうつ病を更に悪化させてしまうことを防ぐために、回復期は

症状の強弱が不安定な時期である、という自覚が肝要となります。




うつ病の回復期の波に対する認識

うつ病の治療を目標に医師の言いつけを守って1日1日を過ごすことは

大事なことですが、人間毎日同じ事をして生活を送っているわけでは

ありません。

医師から処方された薬を決められた時間に決められた分量だけ服薬する

余裕のあるときは少しだけ外に出て歩いてみる、など回復期の間の

過ごし方としては好ましい習慣であっても、その習慣は必ず翌日や

翌週、未来の自分へ変化を与えることになるのです。

自分では問題なく1日を過ごすことができた、と考えていても

その日は調子が良かったから外を歩いた、ということがあれば

その分身体に疲労が蓄積されているはずです。

食事に関しても毎日同じものを食べている、ということが無い以上は

その日のコンディションや明日の自分の栄養状態が、言ってしまえば

不安定な状態とも考えられます。

また、うつ病の症状自体が朝に強く現れ、夕方にかけて和らいでいく

という特徴があるため、回復期の間は1日1日で回復を感じられる

ように真っ直ぐに治っていく病気ではないのです。

回復期は急性期のように希死念慮が表れることもあれば、外を走り回る

ことも出来る、そんな不安定な時期であることを自覚して治療に専念

することができれば、次第に波の強弱も小さくなっていきます。

回復期の間の過ごし方で気をつけるポイント

1.処方された分を決められた時間に服用する

回復期の間は症状が良くなったりするため、うつ病の人が勝手に

今日は飲む、飲まないを決めてしまいがちですが、医師から処方された

抗うつ薬などの薬は決められた時間に決まった量を飲むことを

心がけてください。

急性期の間に抗うつ薬は副作用があり、思うような効果だけを

得られるわけではないと理解している人が多くいますが

そのために抗うつ薬の服用は出来るだけ避けたい、と服薬を

やめてしまうのは、うつ病治療を全体から見たときにはマイナスに

なってしまうことが多くあります。

うつ病は回復期の間に調子が良くなることはあっても、ある日突然パッと

治ってしまう病気ではないので、昨日は症状がひどかったのに

今日になっていきなり元気になった、ということがあっても

状態が安定した時期が長く続いていない以上は、以前の自分を

取り戻すことが出来た、とは考えないようにしてください。

2.徐々に睡眠のリズムを調整していく

うつ病の回復期は、確かに波があり辛いと感じる時期かもしれませんが

文字通り回復に向かっている時期でもあります。

調子がいい日が出てくること自体は好ましい傾向でもあるため

徐々に活動量を増やすことや、回復へ向かうために生活習慣を

切り替える時期でもあります。

睡眠のリズムが昼夜逆転していたりする人は、徐々に朝型のリズムへ

移行していくように睡眠の時間や量を調整するようにしましょう。

回復期の間によく昼寝をしていた、という人も昼寝の量を調整し

朝型のリズムを取りやすいように加減を考えることも大切です。

急性期の間は眠気を感じたときであれば、昼寝で睡眠時間を確保する

ことも大事なことですが、昼に寝すぎてしまうと夜に眠れなくなったり

するので、朝型のリズムへ切り替えるために障害となることも

考えられるので、昼寝も見直す必要があるのです。

理想としては普通の人が睡眠のリズムを崩さないくらいの時間

30分くらいに留めておけるようになることです。

3.その日の状態をメモとして記録する

回復期の間は症状の波があるため、アップダウンの記録をすることで

一定のスパン毎に状態が回復しているかどうかを見やすくなります。

日記のように今日は何時に起きて症状はこの程度で、と記録を取っても

構いませんがオススメとしてはカレンダーなどに今の気分を数値化して

メモを取っておくことです。

今日は状態がよく、-100~+100でつけるなら+20くらいかな

症状が辛くまともに動くことが出来なかったから-40くらいかな、と

その日の自分の状態を数字だけでも記録しておけば、後から

振り返ったときに「この日ほどひどくはなかったかな」と

症状が強く出ている日でも自分は回復に向かっている、と認識することが

できるようになります。