うつ病治療の一環として、運動不足の予防として

ランニングをすることは大変健康効果の高い運動です。

ランニングをすることで得られる効果は様々にあり

うつ病の改善から体力の向上、ダイエット効果などに渡ります。

散歩など軽い運動と比べると負担が大きくなりますが

行なえる程に気力が充実している時は是非行いたいものです。




うつ病の人がランニングで得られる効果は

1.うつ病改善効果

ランニングをすることで、ストレス解消効果やその後のメンタルを

安定化させる効果などが得られます。

ランニングをすると、脳内ではセロトニンというホルモンが

分泌され、ストレス解消とメンタルの安定、やる気の向上などの

メリットが生まれることになります。

ランニングをしている間も考え事などをせずに

走る事に集中するので、不安や恐怖から一時的にはなれることが

できるというのも利点に挙げられます。

2.睡眠の質向上

ランニングによって身体を適度に疲労させることで

睡眠の質や回復効果を高めることができます。

睡眠は肉体と精神の両方が適度に疲労している状態が

もっとも回復効果が高く、うつ病の人の様に運動が不足しやすい

状態が続く人は、睡眠の質が低い状態と言えます。

ランニングのような有酸素運動とは異なる、筋トレなどの

無酸素運動でも身体を疲労させることはできるので

運動によって少しばかり疲れを感じさせましょう。

3.脳への血流量が増し活発に

うつ病を改善させるために必要になるのが、脳を活発にさせ

機能を回復させることです。

ランニングによって脳への血流量が増すと、効率よく

エネルギーや酸素を運搬することができるので

活発に働かせられるようになります。

治療の一環としても採用される

うつ病患者を対象にランニングをさせた後の気分を

聞いてみたりすると、うつ病気分が改善された、という

感触を得る人が多くいる、というデータがあります。

これは、抑うつ気味の人がいくらか元気になるということも

そうですが、躁状態の人が気分を落ち着かせるという

効果も期待できるようです。

これはランニングによって脳で分泌される神経伝達物質の

分泌バランスが整うことによるものと考えられます。

ランニングをすることで平常時のメンタルに

持って行くことができる、ということになりますね。

朝にできると更に効果大

ランニングをする時間帯は朝がおすすめです。

朝には太陽光を浴びて生活リズムを整えると同時に

セロトニンの分泌量をさらに高めることができます。

朝にランニングを行う事で1日の血流量を増やして

生活することで、パフォーマンスを高める効果も期待できます。

朝はうつ病の症状が一番重く、寝床から起き上がるだけでも

厳しいという人も、日光を浴びるだけでも効果を

得られると理想的です。

朝の天気が晴れている時は、ランニングとまではいかなくとも

散歩するだけで、相当のうつ病の改善効果が得られます。

室内でランニングマシーンでも効果

雨の日などに屋外での運動が行いにくい環境なら

室内でランニングマシーンなどで運動することも有効です。

自宅に揃えるにはお金がかかりますが、公共の体育館や

フィットネスジムなどにはテレビ付のランニングマシーンなどが

設置されている所があります。

もちろん、そうまでしてランニングをしなければならない

という事は無いのですが、うつ病の改善が大分進んだ人で

体力強化をしたいのであれば、このような環境を活用しましょう。