今となってはインターネットで様々な情報を集めて

うつ病だとをつくことも難しくはありません。

精神科医でも患者を診て聞いた話と見た目だけでは

をついているかどうかを見極めるのが難しくなります。

簡単な見分け方などはあるものの、実際にその人が

うつ病かどうか見極めるには生活につきっきりレベルじゃないと

判断しかねるでしょう。




嘘がばれることはある

精神科医の診察の質が高く、判断力のある医師の場合や

血液検査などの精密な検査を行なう場合は、診察に来た人が

をついている場合、ばれるケースが多くなります。

近年では光を使って脳の状態を観察し、データ化する技術が

発達してきているので、専用の機器が普及されるようになれば

うつ病とをついてもばれることが多くなるでしょう。

しかし現状では嘘が有効なことも

ただし、うつ病とをついて診断書をもらう事ができる

という人は一定数いるようです。

うつ病の症状や原因となる事象、その後の生活スタイルの

変わりようや食事の内容などをちょっと勉強するだけで

精神科医をだます形で診断書をもらう、という事態に

なるという事です。

しかし、精神科医の方も新規の患者を診察して抗うつ薬を

処方して、顧客として取り入れたい、ということから

積極的に診断書を出そうとする医師もいなくはないようです。

うつ病かどうかを見抜くには

うつ病のを見抜くために見分け方を身に付けるとしたら

わかりやすいのはうつ病の症状にはどのようなものがあるかを

学習する事でしょう。

本人が仕事や勉強、家事などをやっている様子から見るのが

確実ですが、どのような生活習慣を身に付けているかも

探り出してみましょう。

1.活動中に話しかけた時の反応

うつ病であれば何かしらの活動を行っている間も

いきなり手が止まってぼんやりしていたり、何度も同じ文章を

読まないと理解できない様子が伺えたりします。

また、話しかけた時にも応答の仕方がしどろもどろだったり

不自然なくらい微笑みを返してくる微笑みうつ病などの

反応を取ることがあります。

うつ病とをついている人なら、反応速度も普通で

どことなく抑うつ状態のような落ち込みを見せることがあっても

すらすらと話をすることができたりします。

2.食事の内容

普段はそれほど栄養バランスが乱れた食事になっていない人でも

うつ病の症状が出始めたとたんに、糖分に偏った食生活に

なることがあります。

ごはんものやパン、麺類などを中心に甘いお菓子や缶コーヒーなど

糖分の摂り過ぎでは、と周りからも見えるような食事の内容が

続いているとなると、ストレス解消のために幸福感を感じさせる

糖分に偏った食生活になる傾向があります。

もしくは拒食症で全く食べ物を食べない状態にまで

行くことがありますが、こうなるとうつ病の中でも

相当に程度が重い状態になっている可能性があります。

うつ病とをついている場合は、食生活に変わりはなく

元から糖分に偏った食事をしている人以外は

普段通りの食事を摂っているでしょう。

3.睡眠の内容

うつ病と睡眠障害は併発しやすい症状の一つです。

うつ病とをついている人は普通にぐっすりと眠ることができ

寝不足になることがあっても、途中覚醒や早朝覚醒などの症状を

持つ事はあまりありません。

うつ病の人は入眠しづらい状態が続き、なかなか寝付けない状態で

睡眠薬を服用しないと満足に眠ることができません。

睡眠導入剤などを服用しているのであれば、本当にうつ病の

リスクが高まっている状態かもしれません。