うつ病を改善するために腸内環境を整えることも効果があります。

近年になってから腸活という言葉が生まれる程に

腸内環境を気にする人が出始めていますが、腸内環境

整えることでうつ病の改善や予防を行う事ができます。

その為に食事の内容を考えたり運動を行ったりしますが

うつ病だけでなく認知症不安障害にも効果が期待できます。




うつ病と腸内環境は関係が深い

一見してみるとうつ病と腸内環境はあまり関係がないのでは

と考える人も多いかもしれません。

しかし、腸内環境を改善することで確実にうつ病の症状を

改善させることができます。

うつ病の改善のためには精神を安定させ、ストレスへの

抵抗力を高める脳内物質セロトニンの分泌が重要になります。

実はこのセロトニン、脳には全体の2%程度しかありません。

セロトニンの9割近くは実は腸に存在しているのです。

必要に応じて腸から脳にセロトニンが運ばれていきますが

腸内環境が悪い状態が続くとセロトニンの分泌も正常に

行なわれにくくなり、うつ病の症状を抑えにくくなります。

うつ病の人を対象に腸内環境を調べてみると

過半数の人の腸内環境が悪く、悪玉菌が多く善玉菌が少ない

状態が多く見られたというデータもあります。

腸内環境を改善することで、うつ病の症状である

睡眠障害摂食障害抑うつ状態の悪化を予防し

同時に認知症社会不安障害などの対策にもなります。

腸内環境を良くするには?

1.食事

悪玉菌を増やしやすくなる動物性たんぱく質を含んだ

肉類や卵などに偏らないような食事にしましょう。

野菜を多めに摂取して、善玉菌を増やす食物繊維の摂取を

心がけることで、腸にたまった老廃物を体外へ排出し

腸の中をきれいにすることができるので、うつ病の改善にも

野菜を食べることは効果があります。

また、善玉菌の一種である乳酸菌を含んだヨーグルトなどの

発酵食品を食べることでも、腸内環境の改善効果が見込めます。

乳酸菌を摂るためにヨーグルトを食べるのも一つの手ですが

サプリメントなどでも乳酸菌を摂取することが簡単にできるので

普段の食事にサプリメントをプラスすることで

腸内環境を整えるのも良いでしょう。

他にも、食べること自体でセロトニンの分泌を促進させる

カレーライスを食べることもおすすめです。

カレールーに含まれるターメリックなどのスパイスが

腸を温め、セロトニンの分泌を促すことができます。

カレーは市販のルーを使っても良いのですが

インドカレーの様にさらさらしたカレーに本格的なスパイスが

使われているカレーの方が幸せ効果が高くなります。

2.運動

運動を行う事でも腸内環境を改善することができます。

運動を行うと血行が良くなり、内臓に血液が良く送られるように

なるのと同時に体温が高まるので、代謝機能が高まります。

腸の働きを運動によって高める、というのは

中々ぴんと来ないかもしれませんが

うつ病を改善するために、体力を低下させないために

運動をする、そのついでに腸内環境を整える効果も得られる

と考えると良いかもしれません。

1日20分のウォーキングなどの軽程度の運動でも

身体を温め代謝を促すことで、腸内環境を改善しながら

うつ病の回復にも役立つようです。

3.水分補給

老廃物を排泄するときにも水分が必要となるので

腸内環境を改善するというよりは、腸の働きを正常に保つために

水分補給をすることも重要になります。

水分が不足していると、便が固くなり排泄するときにも

身体に負担をかけることになるので、1日に2リットル程度の

水分を補給しておくことを心がけておきましょう。