うつ病と認知症は症状が似ている部分があるために

見分け方を知らないとなかなか見分けられない症状の組み合わせです。

この二つは似ているだけでなく、併発することもあるので

いずれにせよ医療機関での受診を急ぎ、認識を早めることが

重要になります。




うつ病と認知症のざっくりとした見分け方

うつ病と認知症の似ている症状には、抑うつ状態というよりは

何事にも興味がわかなくなり、記憶力の著しい低下が見られます。

しかし、ざっくりとした見分け方としては、認知症の人は

最初は自分の記憶力や能力の低下に気付き、喪失感を感じることで

ストレスや不安を感じますが、認知症の症状が進むと

どうでもいいように考え始めます。

認知症の人は抑うつ状態になることが少ない、と捉えても

良いかもしれません。

うつ病の人は抑うつ状態になり、ネガティブな感情を抱えて

落ちこんだりふさぎ込んだりするのが特徴です。

併発や老年期うつ病のリスク

認知症がうつ病の原因にある事もあります。

認知症は50代以上の方に多く、この年代の方のうつ病は

老年期うつ病として分けられることがあります。

また、うつ病が認知症の原因になることもあります。

うつ病の原因となるストレスや不安、イライラで

脳機能が低下してしまいますが、記憶を司る海馬と呼ばれる

部分も機能が低下してしまいますので

認知症のリスクを高め、症状が重くなってしまうと

うつ病と認知症の二つを併発することもあります。

抗うつ薬の副作用で記憶力の低下が

抗うつ薬にはうつ病の人の脳で正常に行われなくなった

脳内物質の分泌や抑制などのバランスを保つ役割があります。

しかし、その副作用で記憶力などの脳の機能が低下する

という状態が見られることがあるかもしれません。

長い間抗うつ薬を服用する場合、その効力に対して

耐性が出来上がってしまうために、副作用だけが表れてきて

ひょっとして認知症にもかかってしまうのでは

と考える人もいるかもしれません。

その場合、医師と相談しながらどの抗うつ薬を使っていくかを

相談するようにしましょう。

うつ病と認知症の二つを持つ人への接し方

もちろんここは医師と相談してどのように接したらいいか

話しかけ方に気を付けることはあるか、など

本人の症状の進み具合によって異なる部分があります。

この二つを併発している高齢の方には老年期うつ病の人への

接し方と似ている部分があり、本人に対して肯定的な

接し方や尊厳を保つように心がけることが重要です。

うつ病、認知症だからと放っておくのではなく

運動不足を解消するために一緒に散歩など、軽い運動に

付き合う事や、何気ない会話を楽しむことで

症状を緩和させる効果が期待できます。

体力に余裕がありそうなときは一緒に趣味に興じたりするのも

良いかもしれません。

脳を活性化させるために将棋や囲碁などの盤上の遊戯や

麻雀やゲームなどを行う事も有効です。

食事や運動で心がける事

食事は和食の様に栄養バランスが取れ、比較的低カロリーの

食事にすると良いでしょう。

特に青魚などに含まれるDHAを始めとするオメガ3系脂肪酸

脳の機能を正常に保つ上で必要になる、良質な脂肪分で

積極的な摂取を心がけるようにしたいものです。

運動を行う事でも、セロトニンを分泌させストレス解消効果を

得られるので、脳へのダメージを抑え、うつ病と認知症

二つのリスクを下げることが期待できます。

もちろん、体力に余裕がない時や雨の日に無理に誘うことは

避けた方が良いのですが、ストレスや加齢のせいで

体力が低下していくことを防ぐという意味でも

選択肢の中に入れるようにしましょう。