うつ病の人が怒りやすくなるのは症状のひとつと言えます。

怒りの感情に対して対処したり、コントロールしようとするのは

普通の人よりも難しくなりますが、怒りを抑えることは大切です。

イライラしてうつ病の症状を悪化させないという意味と

生活の中でのストレスへ対処する力を養う意味があります。




うつ病の人の怒りは何が違うのか

%e6%80%92%e3%82%8a

1.気分の波がある

躁うつ病の様に気分の波がある人がいます。

ある時は抑うつ状態で気分が落ち込み、暗い表情のまま

仕事や学校に出てきていることがあります。

ですが、それだけでなく怒りのコントロールができない人は

突然キレだしたりすることもあります。

躁うつ病の人は時にテンションが上がったり

イライラしたり、気性が荒くなったりすることで

周りから怒りの感情を持っていると思われることがあります。

しばらくの間元気な状態が続いていて、ある日突然

電池が切れたかのように重い雰囲気を出す人は

躁うつ病の症状としての怒りを出しているのかもしれません。

2.少しの事でも過敏に反応する

「今日はいつもより早く出勤してるね」など

相手としては何気ない言葉を投げかけていても

「じゃあいつもは遅く来ているヤツと思っているのか」と

いきなり怒り出す人がいます。

少しの事にも怒りやすくなるのは、うつ病の症状として

見られることがありますが、あまりうつ病とは結びつきにくい

症状でもあります。

特に職場は強いストレスを受ける場所なので

怒りやすい人がいても別に特段おかしいわけではないと

考える人が少なくないために、怒りがうつ病のサインと

見る人は極めて少ないからです。

少し話しかけたぐらいでいきなり怒りだして

「ちょっと考えすぎ、深読みしすぎなのでは」と思う人がいれば

その人は他にもうつ病の症状を抱えている人かもしれません。

3.抗うつ薬の副作用

抗うつ薬の副作用として怒りやすくなるという症状があります。

抗うつ薬はうつ病を回復させるために脳内物質の分泌を

促したりする薬ですが、副作用として怒りやすくなる

脳内物質の分泌を促すこともあります。

集中力や運動能力を高める脳内物質のノルアドレナリン

怒りやすくなる、という効果もあります。

ノルアドレナリンの分泌にも関係している抗うつ薬

服用することで怒りやすくなる状態が続きます。

うつ病の人が怒りだすとどんな症状が出るか

%e6%80%92%e3%82%8a%ef%bc%92

1.自傷行為

怒りを吐き出す手段として自傷行為をする人がいます。

壁に拳を叩きつけたり、机に頭を叩きつけたりするなどの

自傷行為には、それなりに意味があります。

外傷を与えることで、脳内物質のβエンドルフィン

セロトニンの分泌を促すことができ、メンタルを安定させる

ことが一応できるのです。

しかし、当然のことながら怪我の原因になることもあるので

うつ病の人に限らず普通の人も、怒りの対処法として

自傷行為をするのは避ける様にしましょう。

2.摂食障害

怒りだすと自律神経の交感神経が優位になることで

興奮状態になります。

その為、自律神経が乱れてしまうので、そのストレスが原因で

過食症拒食症を引き起こすことがあります。

その為、怒りっぽい人で食生活が乱れている人は

糖質や炭水化物に偏った食生活になっていたり

反対に全く食べ物を食べずに生活している、などの

摂食障害を引き起こしている可能性があります。

3.様々な依存症

ストレスのはけ口としてアルコールやたばこ、ギャンブルなどに

依存してしまうことも、うつ病の人にはあります。

職場にいつも怒っている人で、これらの生活習慣にむすびつく人は

うつ病のリスクがとても高まっている状態です。

怒りへの対処、コントロールの仕方は

ヨガ5

1.自分を許す事、必要以上に負い目を感じない

うつ病の間は抑うつ状態など、メンタルに悪影響を及ぼします。

その為、怒りやすい状態になることも珍しくありません。

誰かにイライラをぶつけてしまう事も時にはあるかもしれません。

しかし、その度に必要以上に負い目を感じずに

気にしすぎないという心構えも時には必要です。

2.深呼吸置いて落ち着く

癖として定着させることは難しいかもしれませんが

怒りだしてイライラを表現する前に、深呼吸をはさむと

活発になった交感神経を抑えることができます。

これはうつ病の人に限らず、普通の人にも言えることですが

イライラし始めたら深呼吸することで副交感神経を優位にし

怒りの感情へ対処するのがおすすめです。

3.趣味に没頭する

趣味に没頭することでもストレス解消になりますし

一つの事に集中することでイライラや不安などの

感情から一時的に離れることができます。

うつ病の間は常に不安やストレスがつきまとって

イライラしだすこともありますが、その都度趣味に没頭することで

上手に吐き出していくことも、うつ病を改善させる上で

役立つ生活習慣になり得ます。

常に怒りの感情を抱えてしまう事は、精神的にも肉体的にも

エネルギーを消費してしまうので、上手く対処して

感情をコントロールしていくことが肝要です。