今現在うつ病の症状に悩まされている人に

うつ病は完治する病気かどうか気になる人もいると思います。

勿論、完治する病気と言う事は出来ますが

うつ病は個人によって程度に差が出る病気です。

症状が軽い、比較的早い段階で発覚した場合は

完治しやすく、逆もまた然りと言えます。

うつ病を完治させるためには、医師の診察を受けて

うつ病の再発率は高く、完治の段階まで持って行くのは

難しいものですが、医師の指導の下、生活習慣を見直したり

精神療法を試みていくことが完治への一歩となります。




どれぐらいの人がうつ病を完治させられるか

休職復職3

上記にあるように、うつ病の症状は人によって様々です。

うつ病の症状でもある抑うつ状態睡眠障害が出始めても

すぐに精神科や心療内科での受診を行った人と

自分では不調に気付きながらも、忙しいからと医療機関での

診察を受けるまで時間がかかった人では、前者の場合の方が

完治までにかかる時間も短くなる傾向にあります。

比較的早い段階でうつ病の治療を受けた場合は完治までに数か月

症状が重くなってしまった場合は、完治までに年単位での

治療を見越した方が良いケースもあります。

いずれも医療機関での受診を行った後に、薬物治療精神療法

生活習慣の見直し、環境の調整を行う事で

完治を目指す流れになります。

完治した、という基準はあるのか

購買意欲2

完治したかどうかを決めるのは患者ではなく担当医の診断です。

うつ病の症状が見られにくくなり、寛解状態が継続して

抗うつ薬や精神療法の必要が無くなってきた状態が

数か月続くことで、うつ病が完治したと診断される傾向にあります。

その為、医師によってうつ病が完治した基準というのは

個人によって差があるものの、抗うつ薬を服用しなくても良い

うつ病になる前の状態に戻っている、睡眠や食事に問題がないなど

このような状態が続いているのであれば、完治まで近づいていると

判断しても良いでしょう。

うつ病を完治させるための考え方

VR2

1.うつ病は再発率の高い病気

うつ病は再発率の高い病気で、半数以上の人がうつ病の症状を

再発させてしまうとも言われています。

その為、完治させるのが難しい病気とも言う事ができます、

なので最初から完治させようと焦るのではなく

地道に付き合っていくという気構えの方がストレスを

抑えられるかもしれません。

うつ病にかかってしまった、病気の治療を急がなければと

焦燥感を持ってしまうと、自律神経を乱し、余計に手間取って

しまう可能性があるので、焦らずにじっくりと向き合う姿勢の方が

完治させやすい傾向にあると言えるでしょう。

2.自分の生活を完治させやすい環境に

うつ病のきっかけとなった要因は、本人の性格によるものや

遺伝的な要素が関わらない事もありませんが

生活習慣も大きくかかわってきます。

仕事や学業で大きなストレスを受け続けているのであれば

うつ病の治療のために休職・休学という選択肢を考えるべきですし

睡眠や食生活に問題があると考えているのであれば

睡眠の質と量を見直したり、普段食べる食べ物に気を遣ったりと

うつ病を完治させるためには無視できない部分です。

医師から避ける様に促された生活習慣は避け

自分の生活スタイルを一新させるくらいの気構えが完治や

その後の再発を防ぐということにつながるのです。

3.自分で勝手に判断しない

うつ病を完治させることと、寛解状態というのは別物です。

寛解状態とはうつ病を発症させる前の状態に回復している状態で

再発の可能性がある事から、完治という状態ではありません。

最近調子が良いからと医師に処方されている薬物を

自分の判断で勝手に飲むのをやめたりはしないでください。

精神療法を重ねていくことで自分の考え方や認識の仕方に

改善がみられて、自信を得たからと病院に行かなくなった

という人も、完治という観点から見れば危険な状態と言えます。

抗うつ薬には副作用がありますし、医師の指導も面倒と感じることも

ありますが、うつ病を完治させるために一緒に治すという

気構えでうつ病と付き合っていきましょう。