抑うつ状態の症状の中には、日常的に悪夢を見る、というものがあります。

私たち人間は、眠っている時に夢を見るときがありますが

その時の心身の状態によっては悪夢を見る場合もあります。

しかし、抑うつ状態の人はその頻度が高く、ほとんど毎日悪夢を見るという人も

少なからずいて、肉体的にも精神的にも疲労・ストレスをためやすい状態に

なることも考えられます。




記憶に左右される夢の内容

メール・SNS2

抑うつ状態になると悪夢を見る頻度が上がる、という統計上のデータは

ありますが、その理由はまだ解明はされていません。

しかし、何故夢を見るかを考えてみると、その理由は予想がつきます。

人は覚えていないだけで、毎日夢を見るという事がわかっています。

レム睡眠ノンレム睡眠の2つに睡眠の種類を分けることができますが

夢はレム睡眠の間に見るものです。

レム睡眠は眠りが浅く、脳の中では記憶の整理が行なわれています。

夢を見ている間は記憶の整理が行われている、ということから

ストレスや不安の原因となった記憶が多くある抑うつ状態の人の夢は

悪夢になることが多い、と考えられるのです。

抑うつ状態だけでなく、PTSD(心的外傷後ストレス障害)

嫌な記憶がフラッシュバックするような人も、悪夢を見る頻度が

高くなる傾向にあるようです。

悪夢は精神だけでなく身体の状態も関係

子供

悪夢を見る原因は抑うつ状態によるストレスや不安だけではありません。

眠っている間の身体の状態にも左右されることがあります。

風邪をひいている時だったり、暑くて眠りにつきにくい時

ケガや身体の不調で痛みを抱えている時も悪夢を見る頻度が

高くなる場合があります。

暑いからと窓を開けて夜の冷たい風を浴びながら寝ている人も

悪夢を見ることがある、というようなちょっとしたことでも

夢の内容に影響してしまうのです。

また、いびき睡眠時無呼吸症候群などの睡眠の質を下げる状態も

悪夢を見る原因になります。

睡眠時の環境を整えたり精神科に相談を

生活習慣

自分の体に合った寝具を選んだり、睡眠に入る前は

たばこやアルコールを避けるようにしたり

寝室は暗く静かな状態を保てるように環境を作ったりすることで

悪夢を見るリスクを下げることが可能になるでしょう。

 

それでも抑うつ状態で、頻繁に悪夢を見て

生活に大きく支障が出ているなら一度精神科での受診をお勧めします。

抑うつ状態についての指導も、悪夢障害についての指導もどちらも

適切に行える科なので、しっかりとした治療を受けられます。

また、精神科で処方される抗うつ薬や向精神薬を服用することで

睡眠時のメンタルを改善させ、悪夢を見るリスクを下げることも期待できます。

認知行動療法や睡眠薬の服用など様々な手段を提案することが可能なので

自分の状態に合わせた治療を受けて、悪夢を見る可能性を小さくし

快適な睡眠を目指すためにも、精神科での受診をお勧めします。