抑うつ状態が原因で倦怠感が出始める

倦怠感が続くことからメンタルに悪影響を及ぼし抑うつ状態になる

どちらも可能性として考えられる、抑うつ状態と倦怠感の関係です。

抑うつ状態になると、ストレスを抱え体力も気力も減った状態が続き

倦怠感が感じられるようになってしまいます。

倦怠感を解消・回復させるためには、休養など基本的な生活習慣の見直しも

必要ですが、食べ物やサプリメントによる有効成分の摂取が

重要になることもあります。




倦怠感の原因は活性酸素の発生

抑うつ倦怠感

活性酸素は老化の原因とも言われ、激しい運動やストレスが原因で産生され

細胞が活動できない状態になり、体力が少なくなっていきます。

つまり疲れやすくなり、倦怠感が出やすくなるのです。

抑うつ状態の原因にもなり得る、ストレスや睡眠不足、食習慣の乱れ

運動不足なども、活性酸素の産生を促進につながります。

活性酸素の産生を防ぐためには、抗酸化作用のある栄養素や有効成分の

摂取が大事になってきます。

よく、アンチエイジングに良いとされるポリフェノール

コエンザイムQ10などのアンチエイジングサポート効果のある

成分を摂取することで、倦怠感が出にくい身体になります。

抑うつ状態になる人は、普段の食生活の栄養バランスが偏っている人が多く

有効成分の摂取が足りない傾向にあるので、抑うつ状態による倦怠感

出ていると意識している時には、抗酸化作用のある栄養の摂取を

積極的に行ってみましょう。

身体のエネルギーを使える身体に

水泳2

食べ物を食べたらそのエネルギーがそのまま利用できるわけではない

というのは、少し考えてみるとそう思えませんか。

そのまま、日々の活動時に使うものもあれば

身体の中にエネルギーとして蓄積されるものもあります。

そのエネルギーを上手く引き出せないために

エネルギーがあるのに疲れや倦怠感が出ることも考えられるのです。

その時には、身体のエネルギーとなるブドウ糖などを上手く引き出すために

ビタミンB群クエン酸などの、エネルギー代謝を促進させる有効成分の

摂取が重要となります。

身体のエネルギーをしっかりと代謝できるようになれば

一時的な倦怠感は解消、もしくは回復させることが可能になるでしょう。

その為に摂取するべき栄養・成分

アミノ酸

身体にたまったエネルギーを使うためには

ビタミンB₁誘導体、クエン酸、L-カルニチン、オルニチンなど

抗酸化作用に優れ、活性酸素の産生を抑制するには

ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなど

いずれも、目の疲れや身体の痛みに効果のある錠剤・サプリメントや

肉類や鮭、ビタミンC・Eが豊富な野菜からも摂取が可能です。

食習慣を見直したり、医薬品やサプリメントを活用することで

抑うつ状態による倦怠感を防ぐことが可能になるでしょう。