結婚生活が上手くいかない事から抑うつ状態になる女性も多くいます。

結婚生活がどれくらい続いているか、パートナーとの相性が良いか悪いかなど

夫婦によって抱える悩みは色々ですが、お互い別の人間という事から

考え方に偏りがあったり、ストレスと感じることは別々という事を

認識しておくことが大事です。

しかし、互いに抑うつ状態の予防の意味もある行動を習慣づけることが

できれば、結婚生活を円満に送ることも可能になります。




女性はスキンシップでストレス解消効果あり

父親うつ

パートナーとのスキンシップを行う事で、ストレス解消効果を得ることができ

抑うつ状態の予防をすることができます。

人間は恋人やパートナーとのスキンシップを行うと、ストレス解消効果や

鎮痛効果がある、オキシトシンというホルモンを分泌するようになります。

そのため、オキシトシンは別名愛情ホルモンとも呼ばれています。

男女共にオキシトシンを分泌させることができますが、男性よりも

女性の方がオキシトシンが多く分泌されるので、よりストレス解消効果が

得られやすいという特徴があります。

互いに触れ合ったり抱きしめたりすることで、ストレス解消効果が

得られるのであれば、スキンシップが減ってきたという人たちは

抑うつ状態の予防という意味でも取り入れてみると良いでしょう。

互いに尊敬の念や感謝を表現する

遺伝

普段口にしていない事でも、「こういうところがすごいと思う」や

「ありがとう」の一言を添えることでも、ストレス解消効果が得られます。

人が尊敬の念や感謝を表現を向けられると、向けられた人の脳では

ドーパミンという物質が分泌されるようになります。

人から褒められたりすることでも分泌されるドーパミン

快楽を感じさせる作用があり、ストレス解消にも効果的な脳内物質なのです。

また、ドーパミンを分泌させると、メンタルの安定化に効果がある

セロトニンという脳内物質も分泌を促進させることが可能になります。

抑うつ状態だけでなくうつ病を防ぐためにも重要になるセロトニン

分泌させるために、尊敬の念や感謝を表現することは大事なのです。

特に、女性は男性よりもセロトニンの分泌量が少ない傾向にあるので

抑うつ状態になりやすい、という特徴があります。

パートナーに尊敬や感謝の言葉を常日頃からかけるようにすれば

抑うつ状態の予防にもなるのです。

お互いにコミュニケーションを図る姿勢が大事

VR2

何気ない会話もストレス解消効果があります。

コミュニケーションを積極的に行い、勘違いや考え方の違いの問題を

解消させていくことでもストレスを防ぐことが可能になるでしょう。

面と向かって伝えるのが難しい場合はメッセージを送るだけでも

効果があります。

他にも、子供が生まれた後にも互いに名前で呼び合ったり

寝るときは一緒のベッドで寝るようにするなど、仲がいい夫婦の習慣を

まねることでも、抑うつ状態を防ぐ結婚生活を送ることが可能になるでしょう。