普段の食習慣が乱れていることから腸内環境が劣悪になり便秘になる場合も

抗うつ剤の副作用によって便秘の状態が継続している間も

うつ病を悪化させる要因としてどちらも考えられます。

便秘の状態が続いている間はうつ病のリスクが向上、症状が悪化する状態とも言えるのです。

便秘を解消させることでも、うつ病予防となる、ということを覚えておきましょう。




脳と腸の密接な関係

うつ腸

人間が生命活動を行う上で必要不可欠になる脳と、消化器官である腸には

うつ病を改善させる上で重要な関係があります。

それは、脳で使われる脳内物質が9割がた貯蔵されているのが腸、という関係です。

うつ病の症状を予防・回復させるのに重要となるセロトニンという脳内物質は

メンタルを安定させ、ストレスへの抵抗力を正常に保つ作用がありますが

このセロトニンも脳には全身の数%程度しか存在せず、残りの9割以上が腸にあるのです。

腸内環境を整え綺麗な状態にしておくと、セロトニンの分泌もスムーズに行われます。

反対に、腸内環境が劣悪であればセロトニンの分泌が滞ってしまい

うつ病のリスクを引き上げてしまうのです。

便秘によって腸の中に老廃物が長くとどまる状態は、当然腸内環境が良いとは言えず

腸の状態が悪いと判断できるので、便秘の状態であることはうつ病にかかりやすい状態

うつ病の症状を悪化させやすい状態と言えるのです。

乳酸菌と食物繊維を意識した食生活

ヨーグルト

腸内環境が悪くなっている人というのは、普段の食生活で野菜が不足している人

たんぱく質や脂質に偏った食生活を続けている人などが挙げられます。

腸内環境を改善するためには食習慣の見直しが必要となります。

そこで、摂取を心がける成分が乳酸菌食物繊維です。

乳酸菌はご存知の通り、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれる善玉菌の一種です。

善玉菌が身体に取り込まれると、腸内環境を悪くしている悪玉菌を減らし

腸をきれいにする役割があります。

そのため、乳酸菌の摂取によって腸内環境を改善し、便秘を解消させることから

うつ病の症状を抑えやすくなります。

乳酸菌の摂取だけでも効果はありますが、食物繊維の摂取を同時に行う事で

より効果が得られるようになります。

食物繊維を野菜や果物などから摂取すると、腸の中で善玉菌のエサになる成分に

変換されるので、乳酸菌の腸内環境改善効果を高めることが可能になります。

つまり、乳酸菌食物繊維を一緒に摂ることで、より強力な便秘解消効果が

得られるようになるわけです。

普段の食事にヨーグルトとサラダや果物を加えてみるなど、乳酸菌食物繊維の摂取を

心がけた食習慣に切り替えることで、便秘を予防・解消させることで

うつ病のリスクを引き下げる生活を心がけましょう。

また、摂食障害を引き起こし、食事の量が少ない状態が続いてしまっているが

便秘の状態が継続している、という人は乳酸菌のサプリメントや

食物繊維(ファイバー)が含まれる飲み物やサプリメントで摂取する

という選択肢もあります。