うつ病のリスクを上げる要因には普段どのを主に食べているかも関わってきます。

脳の6割は脂質で構成されていて、口にするの種類でうつ病のリスクが高くなったり

低くなったりすることもあるのです。

悪いもあれば良いもあるので、できるだけ脳に良いを摂取する生活にしましょう。




トランス脂肪酸が脳を錆びつかせる

油

に高温処理を施す、または水素を加えることでトランス脂肪酸と言う脂肪酸が発生します。

トランス脂肪酸は、脳を酸化させ錆びつかせるので、うつ病のリスクを引き上げます。

サラダ油など広く使われているは、酸化を防ぐために高熱処理を施す

工業的な加工を施しているものが多くあります。

特にマーガリンには大変多くのトランス脂肪酸が含まれていて

脳への危険性の高い食品として考えられています。

他にもカップ麺などのインスタント食品、惣菜の揚げ物、マヨネーズなどの調味料にも

含まれているので、使いすぎには注意が必要です。

トランス脂肪酸の日常的な摂取はうつ病のリスクを高めるだけでなく

身体全体の細胞を錆びつかせるために、身体の機能が低下し生活習慣病の原因ともなります。

肉と植物の油の違い

油2

動物性のと植物性のも、どちらを食べるかがうつ病のリスクに関わります。

動物性の、つまりお肉のは血液をドロドロにし、血管にダメージを与えやすくなります。

当然脳を通る血管にもダメージを与えるので、脳自体に障害をきたし

うつ病発症の要因にもなります。

お肉を焼いた後、しばらく時間を置くと白く固まっているのを見たことがありませんか。

あれがそのまま血液に取り込まれると考えてもらえばわかりやすいかと思います。

植物性のはその逆で、血液がドロドロになるのを防ぐので、うつ病のリスクを下げます。

デメリットとして考えられるのは、酸化しやすく長期保存が効かないという点で

扱う場合はこまめに使い切り買っていく、というのが必要になってきます。

うつ病のリスクを高めないためには魚油と植物油

亜麻仁油2

近年、日々どんなを摂取するかを見直す人が増えてきています。

青魚から摂取できる油にはDHA・EPAが多く含まれている事や

オリーブオイル、亜麻仁油、えごま油なども健康な生活を送る上で役立つなど

なんとなくわかるという人も多くいるのではないでしょうか。

脳の6割が脂質で構成されている、という話は先に述べましたが

その内DHA・EPAが20%を占めていないと脳が正常に働かなくなる、という事を加味すると

やはり普段から青魚やDHAとEPAを合成するαリノール酸を含んだ亜麻仁油などを使う事が

うつ病を防ぐうえでも大事なことだとわかります。

身体を錆びつかせないために、普段の料理で使うはオリーブオイルに切り替えたり

うつ病が原因で脳が不活発になっている、と自覚症状があるなら

積極的に魚油や亜麻仁油、えごま油を摂るように心がける、など

普段の食習慣でどんなを食べているかを理解し、見直すことでうつ病を予防しましょう。