うつ病の人、うつ病にかかってしまう人には食生活が乱れている人が多くいます。

食生活を改善させる考え方の一つに、パワーサラダという考え方があります。

パワーサラダは近年栄養失調になる若い人や、悪い食習慣を続けている人すべてに

お勧めできる、サラダとたんぱく源・良質な油・ビタミン・ミネラルをバランスよく

兼ね備えた食べ方で、栄養が不足してうつ病にかかりやすい状態の人の食習慣を

改善させることができる考え方です。




糖質に偏る食生活

パワーサラダ

現代社会での生活は時間に追われストレスと戦う日々が続く毎日でしょう。

その為に、料理をしてバランスの取れた食事を行っている人とそうでない人がいます。

栄養バランスを考えずにただ自分の食べたいものが手に入りやすい時代になったことも

食生活の乱れにつながっているとも言えます。

コンビニ弁当やファストフード、外食ばかりの人の栄養バランスは糖質に偏る傾向が

強く表れていて、血糖値を上げやすい食事になることが多くあります。

血糖値が上がりやすい食事が招くものと言えば、すぐに空腹感を感じ、また何かを食べる

血液がどろどろになり全身の血管にダメージを与える、食後に眠くなり集中力低下など

身体に悪影響を及ぼすことが多くあるのです。

糖質の摂取がいけない、というわけではなく、その他のたんぱく質・脂質

ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養バランスが取れた食事でなければ

何らかの形で身体や精神にダメージを与えることが多くなる、という事が肝要なのです。

当然、空腹感によるイライラや、食後の集中力低下、血液の粘度上昇による

脳の血管へのダメージ、これらもうつ病の原因やメンタルへの悪影響につながります。

サラダに他の栄養をプラスしたパワーサラダ

亜麻仁油3

普通のサラダからはビタミン・ミネラル・食物繊維が摂れそうなものですが

これに更にたんぱく質・脂質が多く含まれた食材を使う事で、栄養のほとんどを

摂取することができるパワーサラダという考え方があります。

普段口にするサラダに、たんぱく質を補うために卵や肉、魚、豆や豆腐、チーズなど

良質な脂質を食べるためにオリーブオイルや亜麻仁油、えごま油などを加えて

栄養バランスの取れた食事を作り出す、という考え方です。

うつ病の改善のためにも、不足しがちな脳内物質の為にアミノ酸の素となるたんぱく質

脳を元気にし活性化させるのに役立つ油、サラダの食材からは得られにくいビタミンや

ミネラルなどを効率よく摂取できるパワーサラダはお勧めの食習慣です。

コンビニでも実践できる組み合わせが

パワーサラダ2

今ではコンビニに並ぶサラダもクオリティが高い物、品目が多い物があります。

それと同時にサラダチキンやツナ缶、ゆで卵やチーズ、ナッツ、果物ならバナナなど

パワーサラダとして食べる組み合わせに使える食品がたくさんあります。

いつもコンビニ弁当を食べる人も、このパワーサラダという考え方を取り入れれば

栄養バランスが整い、メンタル面も強化されるのでうつ病を防ぐことも可能になります。

糖質ばかりに偏っている、と考え始めたらパワーサラダを食べて身体も心も健康な

生活を目指してみるのも、自分の為になりますよ。