良い香りがうつ病を抑え、悪い香りがうつ病の症状を悪化させるようです。

香りを嗅ぐという行為は五感の嗅覚を使い、視覚や聴覚とは少し異なる脳の処理を行います。

物の香りは脳に直接作用するという話を聞いたことがあるかと思いますが

嗅覚はまさに脳にダイレクトに刺激をする要因となるのです。

自分の好みの香水やアロマオイルの香りがうつ病の症状を抑えるのに役立つ事でしょう。




大脳辺縁系に直接作用する香り

血糖値

香りは嗅覚によって大脳辺縁系と言う脳の本能を司る部分に直接情報が伝わります。

視覚や聴覚など他の感覚は一度、大脳皮質という理性を司る部分を経由して

大脳辺縁系に伝わる、ということから嗅覚は直接脳に届く、という表現が使われています。

香り大脳辺縁系の関係はまだ研究が始まってそれほど時間が経っていないので

確実なことは言えませんが、人間は香りを嗅ぐことで敵か味方か、快か不快かを

識別する生き物、ということは間違いがなさそうです。

自分の気に入らない匂いを嗅いだときは敵と識別して、交感神経を優位にし

自分の好みの香りを嗅いだときには副交感神経を優位にしリラックス効果が得られる

という点で、自律神経の切り替えが上手くいかないうつ病の人にはリラックス効果を

得る手段として、自分の好みの香りを嗅ぐ、ということが有効というわけです。

料理のスパイスやアロマオイルの香りも○

香り

うつ病の人は交感神経優位になりやすく、常に体が緊張していたりイライラしたりしますが

良い香りを嗅ぐことで交感神経優位の状態を抑えることが可能となります。

それはスパイスの効いた料理の香りであったり、アロマオイルの香りなど様々な香りです。

例えばカレーライスには何種類ものスパイスが使われていて

香ばしい香りを感じるとセロトニンが分泌されることもあります。

カレーライスが幸せホルモンを分泌させる、という評価は、食べることで得られる栄養や

スパイスによる腸を温める効果の他に、その香りを嗅ぐことでの幸福感もあると思います。

アロマオイルも同様に、植物由来の芳香がリラックス効果をもたらすことがあります。

ラベンダーやオレンジ、カモミールなどの香りが気分を良くさせることもあります。

これも、香りを嗅ぐことで大脳辺縁系が快か不快かを識別し

副交感神経を優位にしていることに由来するでしょう。

うつ病でリラックスできない日が続いている人は、自分の好きな香りのものを

探してみるのも良い効果をもたらすはずです。

自分にとって良い香りを

香り2

人によって自分の好みの香りというのは当然違いがあります。

柑橘系の香りが好きと言う人もいれば嫌いな人もいる、というのと同じです。

その人にとって不快な香りであれば、リラックス効果は得られにくいものですし

自分の好みの香りであれば、副交感神経を優位にしてくれるものでしょう。

アロマオイルにも色々ありますから、この香りにはうつ病を予防したり

症状を抑える効果があるからと、我慢して嗅ぐ必要はないわけです。

自分の好みの料理を食べたり、アロマオイルや香水を見つけてみることで

うつ病の気分をいくらか抑えてみるようにするのも、気分転換になりますよ。