最近抑うつ気分が長く続いている気がする、目が冴えて眠れない日が多くなったと

なったら、うつ病チェックを受けてみましょう。

当てはまる項目が多くなり、2週間以上その状態が続いているなら病院での受診を

視野に入れるようにしましょう。

しかし、どこの科を受ければいいのでしょうか。

精神科心療内科メンタルヘルス科神経内科、脳神経外科など何が何だか

普通の人にはわからない、ということが多くあります。

科によってどのような特徴があるかをまとめてみました。




うつ病治療に、まず間違いがない精神科

回復の兆し

精神科は、うつ病治療のスペシャリストが集まる科で、病院の科を選ぶときには

まず間違いがない場所でしょう。

精神状態、心の問題や病気を治す科なので、抑うつ状態や不眠症、交感神経の高ぶりなどの

精神疾患や、摂食障害、アルコール依存なども精神科での受診が有効です。

精神分析に長けていたり、認知療法の経験が豊富で、うつ病の改善のために

まず真っ先に考えるべき科と言えるでしょう。

もちろん抗うつ薬の処方も精神科で行なえます。

心療内科は精神科とは何が違うのか

受診の流れ

心療内科は、抑うつ気分などの心の状態というよりは、身体に症状が出ている人向けです。

ストレスのせいで、胃がきりきりと痛んだり、心臓の動悸が強く感じられたり

内科と異なり、普段の食事や生活習慣が引き起こす症状でなく、ストレスや不安などから

臓器や身体に異常が出ている場合に有効な科と言えます。

心療内科は、病院によっては「内科・心療内科」というように看板を掲げている

ことがあります。

この場合は大抵、医師が内科の出身でストレスが原因で身体不調に陥っている場合でも

単に内臓や身体の不調が目立つ、という状態でも適切な診察を行えると考えられます。

また、患者の体裁を気遣ってか、精神科という名前を使わずに、心療内科という名前で

精神科のような診察を行っている所もあります。

メンタルヘルス科、クリニックは?

うつ病チェック

メンタルヘルス、という横文字を使い、精神科よりはとっつきやすさをイメージさせますが

うつ病や抑うつ症状が出ている人向けであることは違いの無い科です。

精神科心療内科に行くほどではないが、専門家の意見を聞きに行きたいときや

うつ病の症状が重症化し始めて、近くにメンタルヘルス科がある時などは

利用してみるのも良いでしょう。

神経内科や脳神経外科はうつ病は専門外

家族が3

自律神経が乱れているから、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいってないからと

知識があり、自分の不調を感じられる人はいますが、だからと言って神経内科を受診するのは

うつ病の改善には役に立たないでしょう。

神経内科は、運動神経や脳神経などの症状を診る科ですから

うつ病などの心の不調は専門外です。

脳神経外科も、脳出血や主要、外傷などの症状を診る科なので

うつ病が脳の病気だからと最初から受診をする場所ではありません。

うつ病を診察してもらうには、精神科か心療内科、メンタルヘルス科

メンタルクリニックが適しています。

自分でうつ病の症状を疑い始めたら、自分でどうにかしようとせずに

専門家の診察を受けるようにしましょう。