うつ病を改善させる抗うつ薬は、新薬というものが出づらく、種類が増えにくい物です。

しかし近年で新薬としての素質を持っている薬物が見つかりました。

それは今医療現場で麻酔薬として使われていて、国によっては麻薬に分類される

ケタミンというものです。

新薬が出づらい抗うつ薬の中で、ケタミンはどれほど安全で効果のある

抗うつ薬になる素質があるのでしょうか。




安全か効果か、麻薬のケタミンが抗うつ薬に

ケタミン

1.今の抗うつ薬とは少し異なる効果

抗うつ薬はセロトニンノルアドレナリンの分泌量を増やして、精神安定効果をもたらしたり

集中力の強化ややる気の持続、向精神作用をもたらします。

ケタミンが異なるのは抑うつ症状を抑えるだけでなく、記憶や認知能力にも作用する点です。

そのためうつ病の症状である作業能率の低下や処理能力の衰えに作用することも

期待できる、という可能性があります。

2.即効性があり、効果の持続も長い

ケタミンを使った各国の実験の模様を見ると、普通の抗うつ薬が毎日服用しなければ

効果的ではないのに対し、ケタミン1週間に1度の服用で大丈夫、という結論が多いです。

ケタミンを1度服用すると持続時間がとても長いため、ケタミンを使った抗うつ薬が

開発されれば、1度服用すると数日の間は薬物を服用しなくても

大丈夫ということになるかもしれません。

更に、特筆すべきはその即効性です。

通常、抗うつ薬の効果が出始めるのは服用して数週間の期間を要しますが

ケタミンの場合、早い人では2時間で向精神作用が働きだします。

その人に会った薬を選んでいく上で、聞き始めるかどうかを判断する時間が少なくて済む

というのは大きなメリットとして考えられます。

3.依存性があり、別の症状が出る可能性がある

元は麻酔薬・麻薬として分類されているケタミンは依存性があり

人によっては別の症状が出る可能性があります。

現段階の研究では1/3の人が十分な効果が表れ、1/3の人が少し効果が出る

1/3の人が効果が感じられない、という有効率ですが、別の抑うつ症状が

副作用として出てくることも可能性としてはあり得る、というのが現状です。

うつ病のメカニズムを暴く可能性にも

鉄分2

ケタミンは抗うつ薬としての素質があるだけではなく、今までの抗うつ薬とは違う働きで

向精神作用をもたらす、という特徴があります。

ケタミンを研究していき、人間の脳にどのように作用するかがわかっていけば

それはそのままうつ病のメカニズムの理解につながるかもしれません。

うつ病については脳や身体がどのような問題があるから発症しているのかなど

まだまだ原因がわからない部分が多くあります。

ケタミンがどのように脳内物質を発生させたりするのか、ケタミンのどの成分が

脳に作用して抑うつ症状を抑えるのか、というのがわかっていけば

抗うつ薬として開発はされなくてもうつ病の治療には大きく貢献できるようになるでしょう。

各国で研究・開発が進むケタミンの抗うつ薬

抗うつ薬種類

抗うつ薬としての素質が高く、実用されれば従来の抗うつ薬よりも効果が期待できる

という点などから各国ではケタミンを使った抗うつ薬の開発に尽力しています。

アメリカでは既にケタミンを医薬として使ってデータを収集している医師もいるほどです。

医療現場では麻酔薬の一種として使われ、場所によっては麻薬に指定されているケタミン

依存性があり、精神病を引き起こす可能性があります。

しかし、効果時間と即効性があるケタミンを使った安全な抗うつ薬が開発されれば

うつ病患者の数も減らせるのかもしれません。

(2016年5月時点)