うつ病の改善のためにはアミノ酸(たんぱく質)を普段の食事からしっかりと

摂取できるようにする必要がありますが、手軽に行うにはプロテインがおすすめです。

筋肉トレーニングを行う人の必需品というイメージがあるかもしれませんが

肉や魚、卵や大豆などを料理で食べるのが難しい人には

プロテインを溶かして飲むだけ、という手軽さがメリットとして挙げられます。




筋肉だけじゃなく、脳の栄養にもなるプロテイン

プロテイン

たんぱく質が筋肉トレーニングによって損傷を受けた筋肉の補修を行い

以前よりも力強い筋肉に回復させる役割があるのはもちろんですが

たんぱく質は脳の栄養にもなるのです。

たんぱく質はセロトニンノルアドレナリンなど、うつ病の人が不足してしまっている

神経伝達物質の原料になるので、摂取することで脳内物質の分泌が正常に近づくので

うつ病の改善が可能になるというわけです。

セロトニンは精神を安定させる作用、ノルアドレナリンは集中力を高める作用があり

どちらもうつ病の人は分泌のバランスが乱れている状態なので

プロテインを摂取することで、セロトニンノルアドレナリンの分泌を促すことができます。

ある意味筋肉トレーニングならぬ、脳力強化の一環とも言えるかもしれません。

ホエイよりも大豆プロテインを推奨

無調整豆乳2

プロテインには使われる原料によって異なる働きをします。

例えば、乳清を使ったプロテインホエイプロテインという種類で

アミノ酸を身体に一気に吸収する、吸収スピードがかなり速いプロテインで

その速さのせいで肝臓を始めとする臓器にも負担をかけ

アミノ酸の消耗も激しい物になるのでお勧めできません。

ホエイプロテインはうつ病の人よりは

トレーニーに向けた体質改善に合ったプロテインと言えます。

うつ病を改善させるため、普段の食事の栄養にプラスするためには

大豆プロテイン(ソイプロテイン)がおすすめです。

大豆プロテイン(ソイプロテイン)ホエイプロテインよりも吸収スピードがゆっくりで

比較的内臓にも負担をかけず、アミノ酸が体内に長く残るという特徴があります。

ホエイプロテインのようにプロテインで摂取したアミノ酸がすぐに無くなってしまうと

セロトニンなどの脳内物質になる前に体外へ排出されてしまう

無駄なアミノ酸が出てしまうので、身体に長く残る大豆プロテイン(ソイプロテイン)の方が

しっかりと確実に脳内物質の原料となります。

思い切って運動を始めるきっかけにも

筋トレ

筋トレがうつに効果的なワケで解説していますが、筋肉トレーニングを行う事で

セロトニンの分泌を促進させたり、男性ホルモンのテストステロンを分泌させ

自信を回復させたり、身体を疲労させることで睡眠の質の向上を図れます。

プロテインには良質なたんぱく質が豊富に含まれていて

筋肉だけじゃなく肌や髪の毛の状態をより良くする効果もあるので

プロテインの摂取を機会に運動を始めるのもうつ病改善の一手になります。

ただし、自分の体力や精神状態を考えたり、担当医と相談する必要があるのは

違いないので、いきなりジムに通い出したり

トレーニング器具を使って高負荷の筋肉トレーニングを始めるのは危険です。

手を使わずに足を曲げ伸ばしをするスクワットや、軽いダンベルを使った体操など

軽い負荷のトレーニングでも筋肉をつけたり、筋力を向上させる効率は低くても

うつ病を改善させたり、気分転換やストレス発散には効果が十分にあります。