精神科や心療内科で患者をうつ病かどうかを判断するのは医者の裁量にかかってます。

それ故に、どうしても診断が恣意的になる部分もありますが、医療が発達してきた結果

患者の脳の状態をデータ化する機器が開発されました。

それは光トポグラフィー検査という検査方法で、専用の装置を使うことで患者の

脳の状態を数値化・データ化することができます。




光トポグラフィー検査、その仕組みは

高照度光療法

光トポグラフィー検査とは専用の機器、光トポグラフィー装置を使用して

脳内に流れる血液量がどこに強く流れて、どこに流れていないかを微弱な光を用いて

計測して数値・データ化する検査です。

うつ病を始め精神疾患にかかっている人には血流のパターンというものが存在し

データを抽出することで、脳機能から患者がどの病気にかかっているかを特定する

ことができるので、患者自身が症状や日常生活の様子を語らずとも判断することが

できる可能性があります。

ただ、現段階では診断結果がそのまま精神疾患の判断につながるほどの

証拠としてはまだ不安定な要素があるため、診断の判断材料として使われる

程度に収まっていますが、技術が進歩していけば光トポグラフィー検査だけで

精神疾患の診断を下せるようになる日が来るかもしれません。

光トポグラフィー検査のメリット

糖分2

1.数値でうつ病かどうかを判断できる方法であること

うつ病の人が診察を受けても、医師の質問に正しく答えられなかったり

架空の話を作り上げて症状の説明をするということも珍しくありません。

その時に、この光トポグラフィー検査を併用して数値でうつ病かどうかを説明できるように

なるのは、診断を正しく下す上で役立つ判断材料になります。

つまり、うつ病の診断書をもらおうと事前にうつ病の症状について学習し

不正に障害者年金をもらおうとする人に、間違った診断を下すのを防ぐ働きもあります。

2.患者への負担がかからない

光トポグラフィー検査は身体に害のない近赤外光を使うので、患者への身体に負担を

かけない事もメリットに挙げられます。

患者の頭部に専用の機器を装着して、医師の質問に答えることで脳がどのように動き

うつ病の人の血流パターンかどうかを調べるので、手間もそれほどかかりません。

3.うつ病が回復してきているかどうかを数値で確認できる

うつ病は人によっては何か月、何年もかかって治す病気であったり

一生付き合わなければならない持病になることもあります。

治療が長期化してくると、患者も本当に治ってきているのだろうか、とか

今飲んでいる薬は本当に効果があるのだろうか、とか医師の指導に疑問を持つ事も

多くありますが、光トポグラフィー検査を併用することで前回の状態と比較させて

回復傾向にあるかどうかを判断することができます。

今後の課題は

受診の流れ6

1.精度が60~80%と確たる証拠とはまだ言えない

あくまで判断材料の一つにはなる、と説明した通り、検査で得られたデータは

必ずその通りである、とは限らない場合があるので、医師の診察と併用しなければ

有効な受診を行う事が出来ないというのが、課題の一つに挙げられます。

2.設置されている医療機関が少ない

光トポグラフィー装置を設置している医療機関はそれほど多くなく

2016年3月の段階でも全国に数十か所、と設置されていない医療機関の方が

多いという状態です。

先進医療を実施している医療機関では光トポグラフィー検査を行う事ができるようです。