誰でも一度は眠っている間に夢と言うものを見ると思います。

楽しい夢や悲しい夢、時には性的な夢も見ることがありますが

目が覚めた後につらく苦しい思いをする悪夢を見ることも人によってはあります。

特にうつ病にかかっている人が悪夢を見やすい傾向にあり、ただでさえ

日常生活でストレスや不安をため込んでしまっているのに、悪夢まで見るようになると

やりきれない気分になります。

なぜうつ病の人が悪夢を見る傾向にあるのでしょうか。




悪夢を見る確率は身体や心の状態に左右される

睡眠

人間は何故悪夢を見るのか、というのは実はまだはっきりと解明されていません。

ただ、悪夢を見る確率が上がる要因に人の心身の状態が関係するのは確かにわかっています。

適度に脳と身体を疲労させ、睡眠の効果が高まっている時や

強力なストレスや不安を抱えることなく、スムーズに入眠できる時

風邪や発熱の状態になることなく健康な状態を保てている時は

悪夢を見ることはあまりありません。

その逆に、脳にストレスを抱えて抑うつ状態になっている時や

睡眠障害を抱えている時、風邪をひいている時などは悪夢を見る確率が高まります。

他にも、眠っている時に一時的に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群なども

眠っている時に息苦しさを覚えることから悪夢を見る原因になることもあります。

悪夢を見る確率は眠っている人の状態に左右される部分があるのです。

夢のメカニズムからもうつ病の人は悪夢を見る確率が高い

糖分2

楽しい夢や悲しい夢、悪夢も含めて、人間は眠っている間に毎回夢を見ています

たまたまそれを覚えているかどうかで

今日は夢を見た、今日は夢を見ていない、とその日ごとに変わります。

毎回夢を見る理由として挙げられる物に

人間は夢を見ている間に記憶を整理しているという説があります。

人間は起きて生活をしている間は膨大な情報量を脳で受け取っているために

眠っている間に記憶の整理をすることで、記憶の定着化出力を行えるように

している生き物と言われています。

今日会った嬉しい出来事や、仕事や学校での失敗やトラブルまで

色々な記憶を脳にしまっておけるように働くことが、夢を見るという現象になります。

つまり、うつ病を始め様々な精神疾患を抱えている人や

強力なストレスを受け続けている人は、それがネガティブな感情を持つ記憶として

脳に焼き付いてしまっているので、それが悪夢として出てきてしまう可能性が

極めて高い、ということになります。

特にPTSD(心的外傷後ストレス障害)のように大きなショックや精神的な苦痛を受けて

その記憶が度々フラッシュバックするような人はその後に悪夢を見ることが

症状として現れることも珍しくありません。

抑うつ状態を始めうつ病の症状を一つずつ取り除いていく

鉄分

うつ病の人が悪夢を見ることで生活に支障が出ている場合は、うつ病の症状を

一つずつ解消していくことが悪夢を見ることを防ぐ予防策になります。

悪夢を見ることは、本人の心身の状態に左右されることから睡眠障害の改善のために

精神療法や、四環系抗うつ薬睡眠薬を処方してもらう事などが対策になります。

うつ病でない人もストレスや不安を抱え続けることなく、発散させていくことや

忘れてしまうことで悪夢を見る確率は減っていくと考えられます。

もちろん、風邪や発熱、寝苦しさを感じるようであれば栄養を摂取して

風邪薬などを服用して事態の改善をすることも悪夢を防ぐ予防策になります。