うつ病の発症の原因には両親の体質や性格が原因つまり遺伝

原因となることも可能性としてはありえます。

両親や兄弟がうつ病にかかった場合、もしくは以前にうつ病にかかった

経験がある親族がいる場合、そうでない人と比べてうつ病を

発症しやすいというデータがあります。

それが全て、というわけではありませんが

うつ病になりやすい家系というのは実のところ存在します。




明確なのは両親の性格がうつ病になりやすい性格の場合

家族がうつ病

両親の教育方針にもよりますが、基本的に子供へ教育を続けていくと

触れてきた両親の感性や遺伝的な部分が関与して、子供は部分的に似た性格を

持ちやすい傾向にあります。

家庭を持ってからもスポーツを続けている家庭は、元気で体力がある子供に

勉強が良くできて厳格な家庭では頭が良く真面目な子供に育つ傾向が強いと言えば

認識してもらえるかもしれません。

この中で両親がうつ病になりやすい性格の場合

子供にもそれが引き継がれるのは珍しい事ではありません。

具体的には「真面目でルールを守る人」や

自分に厳しく、周りの期待に常に応えようとする人」などが

うつ病になりやすい性格と言えます。

詳しくはうつ病になりやすい人の特徴、こんな人はうつ病予備軍を参照すれば

わかりますが、単純な話ストレスを抱え込んでしまいがちなのです。

仕事をする上でも学校でグループになって作業をするときでも

このような性格を持っている子供は両親同様にストレスを抱えやすい体質と

説明ができてしまうので、両親の性格や感性の遺伝がうつ病の発症率に

関係するケースが存在するのです。

数字の面でも遺伝は関係している?

糖分2

血縁関係にある親族、両親・兄弟などにうつ病の人がいると

その周辺の家族はうつ病の人がいない家庭に比べて

発病率が1.5~3倍にまで高くなるとされています。

上述のように生活環境や教育方針、考え方やしぐさの一つ一つまでに

両親に似通っていることが背景にあると考えられているからです。

更に同位体に近い存在、一卵性双生児の場合は片方がうつ病を発症した場合

もう片方もうつ病になる確率はおよそ4割とも言われており

普通の兄弟が発病するケースよりも高い発症率になります。

ただし、全員が全員そうなるわけではないのはわかっていただけると思います。

自分の身の回りのストレッサーに対して対策を立てたり

環境の見直しをかけていけばうつ病の発症は予防できるでしょう。

両親は子供がストレスを受けやすい環境を改善するように

遺伝

1.家族の仲が良い

両親の仲が悪く、口数があまり多くない二人で、たまに口を開いたと思ったら

喧嘩や怒鳴り声をまき散らしたりする家庭と、お互いに仲が良く話す機会が多い

家庭では子供の受けるストレスは雲泥の差です。

両親や兄弟の仲がいい家庭では、子供も安心して生活できるようになるので

ストレスを受ける環境というよりもストレスを解消できる環境になるので

うつ病のような精神疾患にかかりにくい子供に育ちやすくなります。

2.整理整頓されている

幼稚園や保育園、学校でさえ整理整頓するように教育されているのに

両親が見本となって家の片づけができていない様では情けない限りです。

そこら中に物や服を散らかしている家よりも片付いて整理整頓されている

環境の方が子供が何か行動を起こしやすく、ストレスフリーな状態と

言えるので余計なストレスをかけることもありません。

3.しっかりと子供を一人の人間として扱う

本人がどう考えてるかどうかも分からないのにあーしろこーしろというのは

余りに一方的な教育で、子供もストレスを受けやすい状態と言えます。

しかもずっと指示するような教育を続けていると現在のゆとり教育世代の

新入社員の一部のように指示待ちの人間に育ちやすい

というのも可能性として考えられます。