今ではうつ病は誰でもなってもおかしくない、身近な病気になってしまいました。

その特徴の一つには男性よりも女性の方がかかりやすいというものがあります。

具体的には男性は10人に1人女性は5人に1人うつ病にかかると言われるほどで

その発病率は男性の2倍というデータが出ています。

女性に多い理由には生活の環境、本人の性格も考えられますが

人間という生き物としての観点が重要と言えるかもしれません。




女性であるが故の生活

鉄分

男性と女性では同じ人間でも

別の生物と言える程に身体の構造やホルモンの分泌・効能が異なります。

月経周期の乱れ妊娠などで女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンなどの

変動が発生するために、ストレスの原因になるほどの影響を及ぼすことが考えられます。

他にも、結婚・出産・育児などの様々な生活の要素がストレッサーになることも

大いにあり得るという状況が継続しやすいこともうつ病の原因として挙げられます。

マタニティ・ブルーからの産後うつ病更年期障害と併せて発症するうつ病など

以前では女性の生活の環境の変化を機会に発症しやすい傾向がありましたが

女性も社会で働くようになった現代社会では、更に仕事もこなすという

女性のストレッサーが更に加わったことから余計にストレスを抱える機会が

増えてしまったことが、発症率の高さの理由と言えるでしょう。

女性ホルモンの変動が感情を左右してしまう

涙活2

月経周期や妊娠がきっかけで女性ホルモンの変動が激しいものになることから

心身共に影響を受けてしまうのは仕方がありません。

エストロゲン副交感神経に働きかけ、感情を安定させるのに必要で

プロゲステロン交感神経に働きかけ、体温を上昇させたりしますが感情を不安定にします。

エストロゲンは神経伝達物質のセロトニンと連携して感情の制御にかかわっているので

変動するとストレスへの耐性や、生活リズムの乱れにつながってしまいます。

月経・妊娠・出産・更年期、いずれも女性ホルモンの変動があるので

これらがきっかけでうつ病を発症するという事も十分に考えられます。

働く女性は加えて仕事や人間関係からのストレスも

職場3

生物の身体の仕組みとしてもうつ病の原因になり得ますが、これは全ての女性に言えることで

今では少数派とは到底言えない働く女性には仕事人間関係のストレスも加わります。

女性の経営陣、取締役の数が圧倒的に少ない事からまだまだ男性優位と言われる

現代社会の中では職場でも家庭でも我慢の連続でしょう。

子供を産んでいれば夫のように仕事のストレスを飲み会やカラオケなどのアクティビティで

ストレスを発散させる時間も確保するのは難しい物です。

普通に働く男性よりもストレスをためやすく、解消させにくい生活の環境が

女性のうつ病のきっかけとして十分なものになってしまっていると言えるでしょう。

女性もうつ病にならないために心構えを

セルフヘルプ

1.全部が全部100%の力で当たらない

仕事や家事を全て100%の力で完璧にこなそうとしすぎない方がストレスを軽減できます。

マラソンランナーのようにペース配分や、力を入れる所抜く所を用意するのが大事です。

自分の許容量を把握した上で余計に肩に力を入れずに、メリハリをつけるようにしましょう。

2.休日の過ごし方

休みの日には疲れていればしっかりと休息するようにしましょう。

家事は家族と分担したり、後回しにしたり、事前の準備などを整えてから

休日を心身共に癒す時間にしっかりとできるようにしましょう。

シャワー浴ばかり続けている人は休日くらいはお湯を張ってゆっくりと

つかるようにするのがおすすめです。

3.自分の時間を確保する

仕事を続けていくうちにストレスを発散する暇もない程忙しくなってしまうと

趣味や娯楽に割く時間も無くなってきます。

そのためにずっと仕事に没頭するようになってしまうと、ストレスはたまる一方です。

ルーチンワークが続いてしまうと時間というのは過ぎるのが早く感じられるものという

意味もあるので、日常の中になんとかいつもと違うストレス発散になるような

アクティビティを差し込めるようにしましょう。