気温が低下し日照時間が短くなる冬の間は、雪の影響もあってか

外出する時間が減ってしまいやすくなります。

しかし、上記の文章の中には冬季うつ病の原因ともなる要素が複数あり

全く持ってその通りだ、と感じたり思い当たる節がある人は

冬季うつ病の危険性が高まっていると言えます。

もちろん冬の間でも元気に生活することは可能ですが、冬の間は

冬季うつ病のリスクが高まる時期で、すでにうつ病にかかっている人は

その他の季節と比べて症状が重くなることもあります。




冬季うつ病チェックリスト

冬季うつ病に関する簡単なチェックリストです。

正確なうつ病診断のためには医療機関の受診をおすすめしますが

下記のチェックリストに当てはまる項目が多ければ多いほど

注意が必要となります。

 

・冬の間は寒さとは別に布団から出るのに時間がかかる

・仕事や学校、家事を行うために起きるのが辛い

・布団の中で過ごす時間が長くなった

・ひきこもりやすくなり、外の日差しを浴びる時間がない

・十分な睡眠時間を確保していても、身体にだるさを感じる

・特に朝が辛く、夕方にかけて気分が良くなっていく

・ストレスを感じ、憂鬱な状態が続いている

・食べ物が糖質の多いもの(主食やお菓子、甘いもの)に偏る

・運動する時間が短くなった(無くなった)

・夜に眠ろうとしてもしばらくの間目が冴えている

 

冬の間は寒く、布団から出るのも一苦労、というのは普通の人でも

起こり得ることですが、それに強い抑うつ感やストレスを感じる人は

冬季うつ病の疑いが強まります。

普通のうつ病と少し異なる点として挙げられるのは、外気温の低下と

日照時間が短くなることに関する点でしょう。

人間は暑さに対してストレスを感じることもあれば、寒さに対しても

ストレスを感じる生き物ですし、体内リズムを整えるために必要となる

太陽光を浴びるという習慣が行われにくくなることがあれば

冬季うつ病のリスクは引き上げられていきます。

うつ病を治療するために軽度の運動や、睡眠時間の調整を行っている

人からすれば、暖かい気候の春や夏に比べれば取り掛かりにくい

環境だと、冬はそう捉えることができます。

冬季うつ病の症状はうつ病のものと変わらない

冬季うつ病と名前が変わっていますが、基本的な症状はうつ病のものと

そう変わりはありません。

憂鬱な気分が続き身体にだるさを感じたり、今まで出来ていた簡単な

作業がこなせなくなったり、睡眠障害を抱えてしまったりなど

普通のうつ病の代表的な症状が表れます。

気をつけることは外気温の低下という問題があり、冷えに対する

対策を怠ってしまうと、ストレスの原因を更に増やしてしまうことに

なりかねない、ということです。

寝るときにはかけ布団をもう1枚用意したり、体温の低下を感じた

時には温かい飲み物を飲むように心がけたりすることで、冷えから来る

ストレスを防ぎ、冬季うつ病のリスクを引き下げやすくなります。

日照時間が短くなることが冬季うつ病の原因か

冬季うつ病の原因となるのは日照時間が短くなり、日射量が減ること

と言われていますが、うつ病への理解があまりない人からすれば

不思議なことかと思います。

日照時間が短くなる=太陽が出ている時間が短くなるということは

必然的に太陽光を浴びる時間が短くなるということです。

人間の身体は太陽光を浴びることで体内時計をリセットし、朝型の

リズムへ調整できるようになる機能と、セロトニンという脳内物質の

分泌を促進させる機能が備わっています。

セロトニンにはストレス耐性を高めたり、活発的に生活するために

重要な役割を担う脳内物質ですが、うつ病の人はこのセロトニンが

不足しているためにうつ病の症状が表れているといえます。

また、日照時間が短くなることでセロトニンの分泌が行われにくく

なると、睡眠の質を高めるメラトニンという脳内物質の分泌も

行われにくくなってしまうので、睡眠の質の低下してしまいます。

うつ病の人は、セロトニンが不足しがちな生活・状態が続きやすく

冬の間は更に日照時間が短くなることと外気温の低下によって

余計にうつ病のリスクが高まってしまうのです。

太陽光を浴びることとビタミンDが改善法に

冬季うつ病を改善するためには、問題となっている日照時間の短縮に対し

日ごろからしっかりと太陽光を浴びられるような体制を作ることです。

日の光を浴びることで、セロトニンの分泌と体内時計をリセット

させることは、冬季うつ病に限らず普通のうつ病を治す上でも

重要となってくることです。

朝布団から起き上がることも難しいという人は、朝目が覚めたときに

太陽の光が窓から入るようにカーテンを開けて置いたりする程度でも

一定の効果が得られます。

それから窓際に立って日の光を見るようにしたり、外に出て家の周りを

少し歩いてみたりと段階を踏んで少しずつ太陽光を浴びる時間を

長くしていきましょう。

また、ビタミンDの摂取を心がけると、更にセロトニンの分泌を促すことが

できるようになります。

ビタミンDは日の光を浴び、肌に紫外線を当てることで分泌される

摂取したカルシウムの吸収率を更に高める、といった効果は

皆さんご存知かもしれませんが、セロトニンの分泌促進効果も

ビタミンDにはあるのです。

ビタミンDが多く含まれる鮭やキノコ、などを食事に取り入れて

太陽の光を浴びる生活を心がけることが、冬季うつ病の改善法であり

予防策となるのです。