その歴史は奈良時代から続くほどで、日本人の食生活にはお馴染みの梅干し。

この梅干しにお湯を注いで飲む梅湯には、梅肉エキスの効果と

その温かさから抑うつの予防に効果があることがわかっています。

湯のみに梅干し一つ、お湯を注ぐだけで心も体もほっと一息つけますよ。



梅肉エキスにはストレス抑制作用が


梅湯

東京薬科大学の研究で、梅肉エキスにはストレス抑制作用があることがわかっています。

これは梅肉エキスにACTHと呼ばれるストレスホルモンを減らし、

ストレス耐性を高める抑制物質を増やす作用があるためです。

また、梅干しにはクエン酸も含まれます。

クエン酸には自律神経のバランスを整える効果があり、

交感神経副交感神経の切り替えがスムーズに行われるようになります。

そのため、交感神経ばかり興奮しがちな抑うつ状態の人は、身体が緊張しにくくなり、

疲れがとれにくくなった、寝覚めが悪くなった、などの症状を和らげるようになります。

クエン酸自体にも疲労回復効果があり、他にも食欲増進の効果が期待できます。

梅湯はホットドリンク、身体の冷えに効く


梅湯2

白湯にも同じ効果がありますが、梅湯を飲むことで身体の体温が上がります。

体温が1℃上昇すると免疫力が数倍に向上し、基礎代謝も約15%上がります。

うつ病の人は低体温で35℃代の人が多くいますが、梅湯など身体を温める飲み物を

飲むことで身体の不調が緩和・解消され、元気になるので、習慣にすることで

うつ病の症状を緩和・予防することができます。

女性にも嬉しい効果がたくさん

梅湯3

1.代謝がアップすることで健康な肌に

梅湯に含まれるクエン酸の効果と、温かい飲み物を飲むことで得られる代謝の上昇によって

肌のターンオーバーが適正に行われるようになるので、

新しく健康な肌に作り替えられるようになります。

ホットドリンクによって血行が良くなるので、身体の隅々まで栄養が行き渡るようになり

肌にも栄養が届けられるようになります。

2.ダイエット効果も期待

梅湯を飲んで体温が上昇すると必然的に基礎代謝量が増え、一日の消費カロリーが増えます。

また、内臓が温められるので腸も活発に動き出すことから、

消化機能が向上しカロリー消費がアップすることになります。

3.梅干しのデトックス効果

身体にたまった老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。

基礎代謝の向上で発汗機能を促し、身体の老廃物と冷えの原因になる

余計な水分を排出することができます。

加えて、前述のように腸が活発に動き出すようになるので

便秘や下痢の症状にも効果があります。

梅干しを焼いてから飲むと、味わい深く効果も高まる


梅湯4

梅湯は梅干しにお湯を注ぐだけでも効果がありますが、

網やコンロで焼くことで梅干しの成分を高めることができます。

加熱により梅干しの中の糖分とクエン酸が反応をお越し、

血行を良くするムメフラールという成分が生まれるからです。

梅干しが黒くなるまで加熱してから、カップにお湯を注いで中に入れましょう。

梅干しをほぐしながら梅肉も食べるようにするとGoodです。

はちみつやしょうがも加えてみる


ローヤルゼリー3

梅干しの独特の酸味が苦手な人ははちみつを加えてみるのもいいでしょう。

はちみつにも高い抗酸化作用があり、2つを組み合わせることで

アンチエイジングにも効果が発揮されるでしょう。

砂糖の3/4ほどのカロリーなので、梅湯に砂糖を加えるよりカロリーが控えめになります。

また、しょうがを加えて身体を芯から温めるようにするのもおすすめです。

しょうがを加えることで体温が上昇しやすくなり、代謝が活発になります。

それだけでなく、しょうがに含まれる殺菌成分がクエン酸と相まって、

強力な免疫力を身体に作り出すことができるようになります。