うつ病や抑うつ状態に比べるとそれほど日常生活から離れた内容ではないため、

普通に疲れがたまっているだけの場合もあり得ますが、チェックリストで

当てはまる部分があればプチうつを疑って日常生活を振り返ってみてください。



プチうつチェックリスト


うつ病チェック

1.1日のほとんどの時間帯で眠気を感じる。

2.休みの日は10時間以上眠る。

3.チョコレートやケーキ、菓子パンなど甘い物を無性に食べたくなる。

4.以前よりも食べる量が1.5倍以上増えた。

5.最近疲れがたまりやすくなった。

6.身体がだるく、重りがついたように動きが緩慢になった。

7.メンタルが弱くなり、他人に非難されただけで涙を流す。

8.好きな人とだけコミュニケーションをとる傾向がある。

9.嬉しい事があると気分が良くなり、嫌なことがあると極端に落ち込む。

10.何の理由もなく不安を感じるときがある。

 

11.職場や学校では口を開く回数が少なく、家に戻ってもしゃべらない。

12.失敗をしたときに強く劣等感を感じる。

13.少しのことでキレるようになった。

14.自分でも何をしているかわからなくなる時がある。

15.時々嫌な思い出がフラッシュバックすることがある。

16.夕方に気分が落ち込むことが多い。

17.本やインターネットの記事を読んでも何度も見返さないと理解できない。

18.目が覚めたとき絶望感を感じ、中々寝床から抜け出せない。

19.孤独感に苛まれるときがある。

20.気が付くと何も手がつかずぼーっとしている時がある。

 

このチェックリストの中で8個以上当てはまる項目がある人は

プチうつ状態にあると言えます。

プチうつ状態を最初に感じたときから2週間以上症状が治まらない場合は

精神科・心療内科での受診を勧めます。

当てはまる項目が少ない人も自分なりにストレス解消法を見つけ、

その都度に吐き出して行くことが大事です。

どちらの人も睡眠や食事など生活習慣の乱れをそのままにしないように、

見直しをかけて修正していくことが予防・改善の一手になります。