ローヤルゼリーとは働き蜂が花粉を体内で変換させた甘味料で、

アミノ酸が豊富で良質なたんぱく質を含んでいます。

他にもビタミン、ミネラルなどうつ病の治療・改善に役立つ成分が

たっぷり含まれていることから、健康食品としてだけでなく

うつ病の予防にも効果が発揮されます。

今回はうつ病とローヤルゼリーについて触れていきます。



神経伝達物質を生み出す原料に


ローヤルゼリー2

うつ病の人にはセロトニンという神経伝達物質が不足しがちで、

分泌量も減少してしまうため脳が活発にならず、抑うつ状態になります。

その為抗うつ薬で補われているケースが多いです。

ローヤルゼリーにはビタミンB12と葉酸が豊富に含まれており、

セロトニンを始めとする神経伝達物質の材料となります。

そのため、ローヤルゼリーを摂取することでセロトニンの分泌を促し、

抑うつ状態の改善、うつ病を緩和する効果が期待できます。

他にもローヤルゼリーにはアセチルコリンという成分が含まれていて、

自律神経を整える効果があります。

そのため交感神経、副交感神経の二つの効果が正常に作用するため、

日中の活動が活発になり、休息効果も上がります。

ただし、薬のように即効性があるものではないので、

継続して摂取していくことで効果が得られるようになります。

生活習慣病の改善にも


ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには高い抗酸化作用を持つため、がん細胞の増殖を防ぎ、免疫力の強化、

アンチエイジングや美肌作用に高い効果を発揮し、更年期障害の緩和にも役に立ちます。

他にも血管の詰まりを防ぐパントテン酸を始めとする多くの有効成分を含むため、

脳卒中や心筋梗塞の予防や血行改善に効果があります。

また、必須アミノ酸を含む豊富なアミノ酸と、ビタミンB群を多く含んでいることから、

疲労回復効果やホルモンバランスの正常化、ミネラルを多く含むことから

ストレス耐性の向上、自律神経の安定化に効果を発揮します。

他にもメタボリックシンドロームにも豊富な栄養素から代謝を促す作用があり、

体型の改善や予防など、うつ病の人だけでなく忙しい現代人にも

嬉しい効果を発揮してくれる、強力なパワーを持った天然素材です。

ハチミツとは別


ローヤルゼリー3

ハチミツも素早く吸収される糖分で、脳へのエネルギー供給に優れた食品ですが、

ローヤルゼリーの効果は期待できません。

というより、同じハチから作られる素材ですが、ローヤルゼリーは

ハチミツの中の成分というわけではありません。

しかしハチミツはハチミツで、砂糖よりも低カロリーで血糖値のあがり方も

緩やかなものなので、甘味料としては栄養価も高いので甘い物を

食べたいときにはお勧めです。

生ローヤルゼリーの扱い方


ローヤルゼリー4

もちろんサプリメントでローヤルゼリーの効果を実感するという方法がありますが、

科学的に作られたサプリメントはちょっと・・・という人の為に

生ローヤルゼリーの扱い方について説明します。

生のローヤルゼリーは独特の刺激がある味で、苦手な人もいるかもしれません。

その為食べるときにはハチミツと混ぜると食べやすくなります。

独特の刺激味を緩和するため、甘くて濃いハチミツに混ぜるのがおすすめです。

他にもヨーグルトやスムージーに混ぜて飲んだりと、工夫を凝らして飲むと

生ローヤルゼリーの味を気にせず、栄養を摂取できます。

摂取しすぎるとアレルギー反応も


にんにく5

元からアレルギーを持っている人はもちろん、そうでない人も摂取しすぎてしまうと

目がかゆくなったり、充血、咳や鼻づまりなどの反応が出てしまう可能性があります。

その為喘息持ちの人、食物アレルギーがある人、蜂に刺されたことで

アナフィラキシーショックのリスクがある人は摂取を控えましょう。

1日の摂取量は大体500mg~3000mgを目安に、

年齢、性別、体格を考慮して調節しましょう。