家族がうつ病になってしまったら、今まで通りの接し方は通用せず

うつ病に対しての知識や他の人のサポートが必要となるでしょう。

ストレスや不安が原因で脳に問題を抱えているうつ病の状態では

発言や提案一つで家族のメンタルを不安定にさせてしまうこともあります。

家族への接し方は、家族がどういう状態になっているか

欲していることは何なのかを見極める慎重さが必要となるでしょう。




うつ病の基本知識の習得

色々

家族がうつ病と診断された場合は、医師と連携しながら接し方を学ぶ事や

市販の書籍を参考に家族がどんな思考になっているかなど

うつ病についての勉強が必要となるでしょう。

今となっては認知が広まっている、うつ病の人への「頑張れ」などの

励ましの言葉をかけるには慎重にならなければならない、や

うつ病の原因となった事象について話をしない、などです。

普段通りに話しかけてしまう事も、単語によってはストレスの原因となった

事象を思い出すきっかけになることもあるので、普通の接し方では

うつ病の症状を悪化させる原因にもなる、という感覚が必要になります。

安心できる場を設ける

休職過ごし方

家族がうつ病になっている間に気を付けることと言えば

うつ病の治療の大きな要素である休養をしっかりととれるようにすることや

必要以上にこちらから干渉して気苦労をかけない事、などでしょう。

うつ病の状態では体力も気力も大きく消費されている状態で

気分転換に旅行や買い物に誘う事も、休養の邪魔になることもあります。

話しかけすぎずに、でも放置するわけでもなく

うつ病になった家族が安心して過ごせる空間や

雰囲気を作ることが重要になるでしょう。

接し方を間違えると反抗されてこちらまで落ち込んでしまう事もありますが

うつ病になることで普段以上に人の感情を読み取る力が強くなる人もいるので

家族の落ち込んだ気分がこちらまでうつらないようにする事にも

気を付けなければならないでしょう。

医師との相談を進めながら治療に

休職復職3

うつ病について市販の書籍や経験談を見ながら勉強することも大事ですが

基本的に病院での受診を行い、医師と相談しながら接し方を改めるのが

一番間違いがないやり方でしょう。

うつ病は休養と接し方も大事ですが、医師の指導の下で薬物治療や

認知行動療法も治療法の一つなので、病院での受診は必要になるでしょう。

精神科や心療内科での受診に抵抗があるなら、カウンセラーや

メンタルクリニックの利用も治療には有効でしょう。

いずれにせよ専門家の指導の下に、家族への接し方を考え直したり

うつ病の治療のための考え方を取り入れたりするのが

家族のうつ病治療を滞りなく進めるために大事なことになります。

周りのサポートもお願いする

回復の兆し4

とはいえ、うつ病の人が安心して休める環境を作るのは

こちらまで気苦労がかかり、メンタルにも負担がかかることもあるでしょう。

周りにサポートに回ってくれそうな人がいるときは

家事の一部を負担してもらったり、ストレス解消に付き合ってもらったり

家族の世話をする自分のケアにも気を配るようにしましょう。

自分の精神状態も、家族との接し方に表れることもあるので

気にかけるようにしましょう。